読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つらいっ

というのも、完全に失恋したためで...

 

しばらくはつらいっていう状態が続きそうです

 

普通こういうことって公開するようなもんじゃないですけどね

教習所

入校して最初におこなったのが、運転適性検査だった。心理テストと頭脳テストみたいなことをやって運転に対する適性を調べるというものだった。適性も安全運転度も5段階で一番上だった。成績がいいにこしたことはないが、そんなもので適性が測れるのかともついつい思ってしまう。

ただ、正直なところ、運転適性なんてあんのかみたいな奴が教習所にはゴロゴロいる。

偏差値70の学校に6年、そして日本最高レベルの大学に行っていると嫌でもわかってしまうのが、地頭がいい人の見分け方である。一歩転べばバカみたいな本当の天才肌の人を除き、話し方、笑い方、挙動、そういったものを見ているとなんとなくわかってしまう。

僕の周りにいる人は総じて大人びている。同い年であろう人が幼稚園児みたいな表情をしていると、こんな人が車を運転することになってしまうのかとも思う。

気をつけなければいけないのは、実際に公道を走るようになると、こういった人間が自分の前後左右を走り回っている上に、歩道には常に自分のことしか考えない人間が歩いたりはたまた走ったりしているということ。

こんな人間と事故を起こして自分の人生を棒にふることだけは何としても避けなければいけない。

雑記

バイトを終えて着替えている時に鏡に映った自分の顔が相当まずかった。身体的に疲れているのに加えて、精神的にもここ数日不安定なのが出ている。

 

147thの子のアイコンが僕ら世代のキャラクターで少し驚いた。まだ人気があるのだろうか。

ポジティブになりたい

話しているだけで、気分が晴れ、周りの人を幸せにする友人がいる。その人の口から、「ダルい」「辛い」「面倒臭い」といった類の言葉はほとんど聞かない、もしかしたら言っていたとしても記憶に残っていないのかもしれない。一方で、話し続けているとこっちの気分が落ち込んできてイライラする友人もいる。その人のネガティブな言葉ばっかり思い浮かんできてしまう。

僕は、というか大抵の人はそうだと思うが、前者に近づきたい。ではどうすればいいのだろうか。

その方法の一つが、このブログだと思っている。深夜になって浮かんでくるようなネガティブな思いを全て吐き出してしまうツールとして。

僕は自他共に認めるネガティブ人間だ。親からもことあるごとに言われるし、親しい友人にもお前はネガティブだと言われる。すなわち、素の自分でしゃべり続けると、後者に近くなる。

しかし、ネガティブな人間の周りに人は集まってこない。わざわざ話そうとは思わないだろう。だから、そういった思いが積もったときにここで吐き出させてほしい。というか、別に読んでもらわなくてもいいから勝手に表現する。それでいくらかはすっきりする。

少しずつでいいから、ポジティブになれるようにしていきたい。その方が同じ時間を生きていてもきっと幸せだから。

「幸せになりてえ」®️

 

猫かぶり続けて、はや10ヶ月

大学の天文部に入ってそろそろ10ヶ月が経とうとしている。入部当初から、発言には常に気をつけていたし、それが当たり前のことでもあると思ってきた。中高時代に全く気をつけていなかったことも気にしなければいけない。

しかし、自分の持っている知識までも初期は完全に封印せざるを得なかった。後輩である以上、上の代を差し置いてしゃしゃりでることなどできるはずもない。

今でこそ、自分のやりたいことを少しずつ表現できるようにはなってきたが、駒場祭まではそれが辛かった。

駒場祭後、先代の部長から「猫かぶってたでしょ」と言われた。僕についての情報は随分前にリークされていたので当たり前といえば当たり前だが、じゃあ逆に何が正解だったのかとも思う。

引退するまで、いや引退してからも続くのだろうか。