読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒲団

ふと暇で電子辞書に入っていた日本文学名作を漁っていたら田山花袋の蒲団があったので読み始めた

あっという間に読み終えてしまったが、特に「私共とは何だ!何故私とは書かぬ。何故複数を用いた?」というセリフに心を動かされた

純粋な嫉妬でもなく、どうしようもない理不尽さが表現されているような気がして、久々に文章を読んだだけで感動するという体験をした